ラメズの効果のメカニズムと通販について

ラメズはてんかん発作の中でも部分発作に高い効果を発揮する薬です。ジェネリック医薬品であるため既存の医薬品よりも安く入手することができます。ラメズのようなジェネリック医薬品は、有効成分の特許が切れた医薬品をほかの製薬会社が製造して販売するものであり、先発の医薬品によって有効性や安全性が認められているため、製造承認の基準に合格するためのコストがかからないので安く販売されます。ラメズの有効成分であるラモトリギンは部分発作のほか、様々なてんかん発作に有効です。効果のメカニズムとしては、ナトリウムチャネルを抑制することで神経膜を安定させ、興奮伝達物質の遊離を抑えることで抗けいれん作用を促します。このメカニズムは躁うつ病にも有効です。躁状態が強く表れると落ち着きがなくなり、感情の起伏が激しくなって行動がエスカレートしていきます。逆に鬱状態では気分が落ち込み、無気力となって悲観的になります。再発を繰り返す特徴を持っており、長期にわたる治療が必要となります。臨床試験においては、再発までの時間が倍以上に伸びたほか、再発率も20%程下がるなど、ラメズの有効成分によるメカニズムが平穏を長く保ち、再発を防ぐ効果が高いことが確かめられています。ラメズは国内未承認の医薬品であり、国内では正規に販売されていません。しかし海外では医薬品として処方されており、個人輸入による通販は可能です。海外の通販サイトでは様々な輸入手続きやドルでの支払い、更に外国語での対応などがあり敷居が高く利用が難しいですが、日本語で対応している個人輸入代行サービスが近年活発になっており、それらを利用して安全で簡単に通販することが可能となっています。