てんかんの発作の抑制と前兆前に服用するラメズ

ラメズは脳神経の興奮を抑える働きがあり、てんかんの発作の予防に効果がある医薬品です。また他の抗てんかん薬と服用することでてんかんの発作の予防を高めることも出来ます。ラメズはラミクタールのジェネリック医療品なので、新薬よりも安く、インターネットからも購入することが出来ます。しかし薬であることには関係がないので、自分に合う服用量を知るためには、最初に医師に総ん男子服用すると安心できます。同様に症状が改善されないからといって自己判断で量を安易に増やすのではなく、安心して利用するためにも医師に相談してみると良いでしょう。ちなみにラメズの1日の最大摂取量は400mgまでとなっているので、それ以上を服用することは止めて下さい。
てんかんは人によって前兆として感じる症状が異なります。手足がピリピリしたり手足が動かせなくなるような身体感覚の症状や、点や線、円形などの様々な形がモノクロや色付きで見える視覚の症状、機械音や人の声の様な聴覚の症状、他ににも嗅覚の症状や味覚の症状など様々な症状が前兆として感じます。しかしこのような前兆を感じてすぐに発作が起こるのではなく、それも人によって異なります。そのため何か前兆を感じた時のみ服用するのではなく、1日に決められた量をしっかりと服用することが重要になってきます。てんかんは意識障害の1つで、突然意識を失い場合があるので、普段の生活から注意することが求められます。
ラメズには、意識がぼんやりしたり眠気が起こったり、めまいや発疹、頭痛などの副作用が出る可能性もあります。もし副作用が気になったり、副作用の症状がひどい場合は、必ず医師に相談しましょう。
時代の変化に伴い、医薬品もインターネットで購入出来る様になりましたが、その効果や副作用を自己判断することは危険なことです。そのため購入しても医師を頼ることは重要なポイントでもあります。